File Share Service

セキュアネットワークで接続されたファイル共有

ファイルサーバーのこんなお悩み、解決します!

ファイル共有サービス特長

  1. 広帯域光ファイバー閉域ネットワークで実現するセキュアで快適なファイル共有環境。
  2. パブリッククラウドを活用。初期費用300,000円、月額費用79,800円~と低価格化を実現
  3. PCのエクスプローラーを利用するため、ドラッグ&ドロップで直感的な操作感を実現。
  4. ファイル・フォルダーのアクセス権管理が可能 (Active Directoryのクラウド化)。
  5. バックアップ、監視、ウイルス対策業務をアウトソース。管理業務を軽減。
  6. データは東日本、西日本のデータセンターへ保存。BCP対策(事業継続対策)も万全。
  7. 24時間365日の障害受付・初期対応サービスにより高可用性を実現。
  8. サーバー・ソフトウェア資産不要でIT資産のオフバランス化が可能。
  9. 社内IPアドレスを使えるため、他の社内サーバーをクラウド上へ簡単に移行可能。

Azure ファイル共有サービス構成

  • ■セキュアな接続+大容量通信を行うため閉域ネットワークサービス「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」をネットワークとして利用し、パブリッククラウドをセキュアに利用できる環境を構築します。
  • ■官公庁・金融機関などでも、そのセキュリティ性、経済性が認められ導入が進むAzure上にファイルサーバー・認証基盤を構築します。
  • ■バックアップ、ウィルス対策、24時間365日の監視、障害時の初期対応といった運用業務をアウトソースでき、管理業務から解放されます。

構成図

クラウドゲートウェイ クロスコネクト」は、信頼性の高い閉域ネットワーク経由でクラウドサービスを利用したい法人のお客さま向けに、NTT東日本が提供するフレッツ・VPNサービス※1からMicrosoft Azureへの接続を可能とする定額制のネットワークサービスです。 さまざまなクラウドサービスとフレッツ・VPNサービスを接続して、セキュアにシステムを構築することができます。 ※1「フレッツ・VPN プライオ」および「フレッツ・VPN ワイド」

「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ・VPN プライオ」「フレッツ・VPN ワイド」はNTT東日本の登録商標です。

Windows Server 2008とWindows Server 2008 R2の
延長サポートが終了いたします。
クラウド導入は、いまがチャンスです!

クラウドサービスを利用している理由

Azureを選ぶ理由

ハイブリッド

既存システムへの投資を無駄にすることなく、クラウドとオンプレミスで共通の ID、データプラットフォーム、管理運用環境が利用可能です。

生産性向上

開発コストとスケーラブルな展開で、ROIを大幅に上げることが可能です。オンプレ、クラウド、モバイル、タブレットによらない共通開発ツールで、開発担当者と運用担当者が効率的に連携しながら開発可能です。

人工知能

最新のAIテクノロジを搭載し、新しい技術トレンドを次々に試すことができます。簡単に利用できるAPI/PaaS 環境から、フレームワークやツールまで、様々なニーズにこたえる柔軟性の高い開発が可能です。

信頼性

競合他社よりも圧倒的に多い42のリージョンでDCを運用しており、Latencyを極限に減らす事が可能です。また、世界各国のコンプライアンスに準拠。日本ではISOをはじめ、FISCやMy Number Act、CSマークも取得しております。

Azureファイル共有サービス ご利用料金

サービス名 サービス内容 初期費用(税抜) 月額費用(税抜)
ファイル共有サービス
ーSMB による1TB の容量の
  提供
<設計・構築>
・ヒヤリングシート(要件定義)
・閉域ネットワーク設計・構築(ExpressRoute、VPNGW、vNET)
・ファイルサーバーサービス設計・構築(CPU1コア、メモリ3.5GB、データ容量1TB)
・バックアップサービス設計・構築(1 日1 回、AM0:30、最大9999 世代)
<保守・運用>
・ウィルス検知時メールへ通知機能の提供
・稼働監視、リソース監視(30秒周期、30日間データ保持)
・Azure 大規模障害については、当社ポータルページで告知いたします。
・ファイルサーバーサービスのメンテナンス(毎週日曜日AM2:00 ~ 4:00 に定期実行)
・24 時間365 日障害受付窓口(サービスのポータルページからの問い合わせ)及び1 次対応
 2 次対応についてはベストエフォート対応(マイクロソフトへのエスカレーション)
¥300,000 ¥79,800*

*上記月額費用以外に、ExpressRoute を経由したデータ送信内容(Azure からのダウンロード)につき、\5.6/GB の従量課金が発生いたします。

オプションサービス
オプションサービス名 サービス内容 初期費用(税抜) 月額費用(税抜)
認証基盤サービス(PaaS) ・新規にActive Directory を連携させるサービスを提供 ¥500,000 ¥20,000
認証基盤サービス(IaaS) ・既に Active Directory を導入されているお客様向けに連携サービスを提供 ¥1.200,000 ¥70,000
ファイルバージョン管理サービス ・ファイルバージョン管理機能(VSS 機能) ¥50,000 ¥10,000
障害復旧サービス ・Azure Site Recovery を利用した西日本拠点へのデータバックアップ ¥50,000 ¥30,000
データ容量追加サービス ・容量追加(1TB 単位にて、最大3TB まで) ¥50,000 ¥10,000
上記費用以外に、クラウドゲートウェイ クロスコネクトおよびその他フレッツサービスの利用料が発生いたします。

Azureファイル共有サービス
お問い合わせはこちら

会社名
名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
郵便番号
 郵便番号検索
住所
電話番号
お問い合わせの内容

お客様から送信いただく情報は、お問合せの回答にのみ使用いたします。
また、送信いただいた情報は、当社の個人情報の取り扱いに従い管理いたします。
[個人情報の取り扱いについてはこちら]
個人情報の取り扱いに同意いただける場合は下記チェックボックスにチェックをお願いいたします。

個人情報の取扱いへの同意

お問い合わせはこちら